スポンサーリンク

Googleマップを使いこなしてバックパック旅行のストレスを軽減しよう

バックパック旅行では、土地勘のない場所でゲストハウスや駅を探して歩き回ったり、カタコトのコミニュケーションでミニバスを利用することもあります。

往往にして自分の目的地に向かっているのかどうか、不安になるものです。こういったドキドキハラハラも、バックパック旅行の醍醐味の一つですが、やはり不安感は少ない方がいいですよね。
最近は、ずいぶんスマホが普及したので、旅先でGoogleマップを利用する人も増えています。バックパック旅行中のGoogleマップ利用法についてまとめておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Googleマップをインストールしよう


前提として、Googleマップをインストールしておく必要があります。Googleマップは、iPhoneにもAndroid系にも対応していますので、ご自分のスマホに導入しておいてください。

目的地までの経路を検索

インターネットに接続している状態でアプリを開き、目的地を入力します。現在地から目的地までの経路や、ある場所から目的地の経路を検索することができます。

現在地はオフラインでも表示可能

Googleマップの便利な点は、現在地の表示はオフラインでも可能だということです。Googleマップはネット接続していないと使えないと思っている人もいるのですが、実際にはオフラインでも意外と使えるので、ぜひ旅行で使いこなしてみてください。

旅行中の便利な使い方

交通移動先地点からホテルまで

新しい街に移動するとき、鉄道やバスで目的の街についたものの、そこから市内中心やホテルまでの道が分からなくて、タクシーなどを利用した経験はありませんか。
移動中はネット接続できない場合が多いので、最終ネットに接続できている地点で、移動する街の駅(バス停、空港)から市中心や宿泊所までの経路を検索しておきます。
一度検索しておけば、ネット接続が切れても、検索結果は記憶されています。しかも、ネット接続なしでも自分の現在地は分かるので、駅やバス停に着いてから目的地までGoogleマップを見ながらたどり着くことができます。

2. バスやミニバスで都市間を移動する

知らない土地で、カタコトのコミニュケーションだけでバスなどを利用しようとすると、本当に自分の行きたいところに向かっているのか、到着までにどのくらい時間がかかるのか、不安になりますよね。
そんなときは、目的の街をGoogleマップに覚えさせておきます。バスに乗った状態でも現在地のチェックができるので、確実に目的地に向かっているのか、あとどのくらいの距離を走行するのかを確認できます。
ただし、人があまり住んでいない地域では、さすがのGoogleマップも感度が悪くなるので、あらかじめ理解しておきましょう。