スポンサーリンク

カンボジア、スラエムからタイへ国境越えする方法-アンロンベン-チョアン-プーシン

カンボジアのスラエムからタイ国境越えを目指します。カンボジア側の街はアンロンベン(Anlong Veng)、イミグレーションがあるのはチョアン(Choam Sa Ngam)です。タイ側はプーシン(Phusing)という街が最寄りになります。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




カンボジアからタイへの国境越えスラエムからプーシンまで

  1. スラエム〜アンロンベン 乗り合いタクシー 1時間 一人US$5
  2. アンロンベン〜カンボジアイミグレーション バイクタクシー 約30分 US$3〜5
  3. カンボジアイミグレーション〜タイイミグレーション 徒歩すぐ
  4. タイイミグレーション〜プーシン おそらく33km程度 バイクタクシーもしくはヒッチハイク


スラエムで乗り合いタクシーをアレンジ


スラエムで乗り合いタクシー(シェアタクシー)を手配してもらったのは、Chhouk Tepゲストハウスです。オーナーの娘さんらしい人が英語を話し、すぐにタクシーを呼んでくれました。アンロンベンまで一人US$5。

乗り合いタクシーとは、車の大きさにもよりますが、だいたい5〜8人くらいの乗客がシェアするタクシーのことです。

スラエムからアンロンベンまでへは、朝7:30にバスが出ているらしいのですが、私たちは午後の移動だったのでシェアタクシーで行くことにしました。


アンロンベンでUSドルをタイバーツへ両替


スラエムを出てから約1時間、アンロンベンの街には14時前に到着しました。シェアタクシーはここまでで、ここから国境まではバイクタクシーに乗り換えます。

その前に、国境では両替が難しいので、この街でタイバーツに両替することにしました。


シェアタクシーの運転手が呼んでくれたバイクタクシーの運転手に聞いて、ロータリーに面している「ウィングWing」という店の隣で、USドルをタイバーツに両替できます。

バイクタクシーで国境まで

両替後、バイクタクシーで国境へと向かいます。一人US$3、二人いっしょに1台のバイクに乗るなら二人でUS$5と言われ、そうすることにしました。

荷物があるので二人でリアシートに乗るのはギュウギュウでしたが、なんとか振り落とされないで国境に到着しました。


カンボジア出国とタイ入国


カンボジア側の国境には14:30に到着。カンボジアで出国カードとパスポートをチェックしてもらい、カンボジア出国です。

タイ入国のイミグレーションはすぐ隣にあり、入国買おを記入してパスポートといっしょに入国審査官に渡します。

いつも思うのですが、近隣国からタイに陸路で入国するとタイのオフィサーって、カッコよく見えるんですよね(笑)。背が高くてスマートだし、制服もパリッとしてるし。


タイ側での移動

この国境から一番近い街はプーシンですが、私たちはスリンという街を目指します。

ここから街へ移動する公共交通手段はありません。バイクタクシーを捕まえるかヒッチハイクかなあと考えていると、そこにいた警察官が話しかけて来ました。

スリンに行きたいと言うと、しばらくしてやって来た地元の人に話しをつけてくれて、乗せていってくれるといいます、しかも無料!!

タイに陸路で入国するときは、だいたいいつも警察官かイミグレーションのオフィサーが助けてくれるので、本当に楽です!


鉄道駅からスリンの街へ


ピックアップトラックの荷台に乗せてもらってタイ国境をでたのは、15:15ごろ。スリン行きのバスが通る高速道路で降ろしてくれるのだと思ったら、すごいスピードで飛ばしてなかなか止まりません。

ほぼ2時間くらい走って、降ろしてくれたのは、Samrong Thapという鉄道駅です。ここでお礼を行って彼らとは別れ、鉄道でスリンまで移動します。

この駅からスリンまでは約1時間、17:01出発予定の汽車が遅れて17:25に来ると言うので、それに乗ることにしました。一人11バーツです。


スリンの街に到着


やっとスリンの街に到着です。汽車で約1時間、18:30ごろに目的地であるタイ、スリンの鉄道駅に着きました!