スポンサーリンク

エアーチャイナ国際便(長距離)に乗ってみたレビュー(モントリオールから北京)

エアーチャイナで、モントリオールから北京行きのフライトが就航しています。今回は、北京経由モンゴルへ向かうことになり、エアーチャイナの国際便長距離フライトに乗ってみました。

エアーチャイナというと、価格が安いことで知られますが、気になるのがサービスですよね。特に長距離フライトとなると、サービスの質でそのフライトの過ごし方が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




フライトは時間どおり?


フライトはほぼ定刻通りに搭乗。ただ搭乗ゲートの待合室に入るのに列に並んで待たされることに。

機内の設備とシート

機内は古い機体なので、座席のプライベートスクリーンはありますが、充電用USBはありませんでした。

機内食

北京のビール、燕京ビール。冷たいものはなし。青島もありませんでした。
そのほかのアルコールは、赤ワインと白ワインはあったのを確認済み。カクテル系やジンとかテキーラなどはないようです。

機内食は2回出ました。夕食はチキンかポーク。画像はチキンです。

朝食(昼食?)は、うどんかパスタから選べました。写真はうどん。

CAのサービス


スタッフは基本的にフレンドリー。人によって差がありますが、最低限のホスピタリティは備わっているようです。
一応、みんな英語が話せるはずですが、やはり中国語の方がよく通じますね。