スポンサーリンク

バックパッカーとしての私の旅行1日スケジュール

初めてバックパッカーとして旅に出てから、すでに20年以上になります。今では旅に出た時の1日の過ごし方もなんとなく決まってきました。旅のスタイルは人それぞれですが、私の旅のスタイルとして1日の流れを書いてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




早起きして朝日を浴びる


バックパック旅行では、比較的田舎に滞在することが多いので、朝が早いです。というのも地方では夜のエンターテイメントがあまり楽しめないので、必然的に早めに就寝してしまうんですよね。
そのため、朝は早起きして朝日を見に散歩に出かけます。早朝から仕事の支度をする人々や公園で早朝エクササイズをする人、モスクなどで祈りを捧げる人の姿を見るのもすがすがしいです。

ローカルの店で朝食+コーヒー


ホテルやゲストハウスに朝食が付いていることもありますが、基本的に旅先では現地の店でローカルの朝食を楽しむのが好きです。
コーヒーがあれば、さらにうれしい。

観光、散策かサイクリング


旅行中、午前中に活動(観光)するのが私のスタイルです。日照時間が短い地方や冬場に旅行する場合を除いて、朝から街を散策したりサイクリングに出たりします。
熱帯地方など、暑い地方に行くときは特にそうで、午後最も温度が高くなる時間はなるべく外での活動を避けます。

ランチ、午後の観光の後ホテルに戻る

ランチをとり、早めの午後に観光を終了してホテルに戻ります。シャワーを浴びた後、ネットで情報収集をしたり、ブログを更新したりします。

午後の洗濯


ホテルに何日滞在するかにもよりますが、その日の観光を終えてから洗濯することが多いです。私は着替えをあまり持ち歩かないので、まめに洗濯します。移動する日以外はほぼ毎日洗っています。もちろん手洗いで、お気に入りの洗剤を携帯しています。

遅い午後ビールで夕陽鑑賞


1日の終わり、日没には夕陽が眺められるスポットでビールを飲むのが、私の旅先での日課です。ビールが入手しにくい国や入手できても高くついてしまうところもありますが、それでも1日活動した後のビールに格別です。
昼間、街を散策したりサイクリングしているときに、夕陽のスポットやディナースポットをチェックするくせをつけておくと良いです。

ホテルもしくは外のレストランで夕食

一人旅の場合、日没後の外出は控えるようにしています。そのため、ホテルやゲストハウスの中のレストランで夕食をとることも少なくありません。近くにレストランがあれば、それを利用することもあります。
二人以上で行動するときには、外のレストランで夕食をとりたいですね。やはり、ローカルの料理を楽しみたいものです。

夜は早めに就寝


日本では夜遅くまで飲み歩くことも多い私ですが、旅行中は早めに就寝します。せっかく海外旅行に来ているのだから、朝から有効的に時間を使いたいからです。夜は遅くても10時くらいにはベッドに入るのが私の日課です。