スポンサーリンク

はじめてのバックパック旅行!安全に旅をするためのコツ【旅先編】

私もはじめてのバックパック旅行では、ドキドキしたものです。バックパック旅行はちょっとしたコツをおさえて行動するだけで、安全に旅を楽しむことができます。

この記事では、はじめてのバックパック旅行に行く人へのアドバイスとして、旅先で気をつけたいことをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




生水は飲まない

海外に出たら生水(水道水)は飲まないようにしましょう。ボトルに入った水を買う方が安全です。海外でお腹をこわす原因の多くは、水か油です。
また、氷にも注意が必要で、お腹を下しやすい人はできるだけ氷は避ける方が良いかもしれません。

渡航先の文化や習慣を尊重する

滞在する国や地域によって、文化や習慣が異なります。私たちはあくまでも「訪問者(ビジター)」であることをわきまえ、その土地の習慣を尊重して行動しましょう。
特に女性の一人旅の場合、宗教的な習慣から肌を露出することをよしとしない地域もあります。そのような場所でノースリーブやショートパンツで出歩くことは自分からトラブル招いているようなものです。
服装については、周りの女性の服装に合わせた格好をするのが無難でしょう。

危険な地域には近づかない

国や都市としては治安がいいと言われる場所でも、必ず危険なエリアというのは存在します。町の裏道やスラムなど、危険とされる地域には近づかないようにします。もし間違って足を踏み入れてしまったら、できるだけ早く立ち去るようにしましょう。

貴重品は肌身離さず

宿泊先のセイフティボックスに保管する以外のシチュエーションでは、貴重品は必ず肌身離さず持ち歩くようにします。
レストランやデパート、駅構内など、ちょっとした時間でも貴重品から目を離してはいけません。海外では常に狙われていることを自覚して行動しましょう。

喫煙場所に注意

海外では、日本では喫煙できる場所でも禁煙となっていることがあります。喫煙する人は、その国の喫煙事情を確認しておくと良いでしょう。お店やレストラン、ホテルでは、喫煙して良いか聞いてからタバコを吸うようにします。

現地の人の写真撮影は許可を取ってから

海外旅行に出たら、現地の人の写真を取りたくなることもありますよね。しかし、彼らは一般人です。誰だって、いきなり他人にカメラを向けられたらいい気分はしないものです。
写真撮影は、キチンと許可をとってから撮るようにするのがマナーだと思います。
また、一部の国や地域では、許可をとって写真を撮ると後からお金(チップ)を請求されることもあります。その場合、お金を払いたくなければ、その人の目の前で撮った写真を削除してしまいましょう。

ボッタクリには毅然とした態度で

外国人というだけで、現地の人よりも高い金額を請求されることはよくあります。特別なサービスをしてもらって、高めに払ってもいいと思えるような状況以外なら、ボッタクリには断固として講義してほしいと思います。
ボッタクリと分かっていてそのまま払うのは、将来その土地を訪れるバックパッカーの不利益になります。
日本円に換算すればわずかな差だからと諦めないで、価格交渉する強さを持っていたいものです。

人前でお金を見せない

基本中の基本ですが、人前ではできるだけお金をチラつかせないようにしましょう。特に両替した後は、狙われやすい瞬間です。プロのスリや泥棒は、あなたがお金をしまっている場所さえわかれば簡単に盗むことができます。お金をしまっておく場所を見られないことが重要です。

安全と健康に気をつけて楽しい旅を!

安全にバックパック旅行をするために旅先で気をつけたいことをまとめてみました。安全対策に気を使うあまり、ガチガチにガードを固めてしまっても旅がつまらなくなってしまいます。
ポイントをおさえて、賢く行動し、安全な旅行を楽しんでくださいね。