スポンサーリンク

バックパッカー旅行で疲れた時に試したい癒しのアイデア

バックパック旅行は、慣れない国や地域でストレスも多く、無理なスケジュールを組んだりして体調を崩すこともあります。
病気であれば、病院に行ったり薬を飲んだりしなくてはいけませんが、そこまでの不調ではないけれど、元気が出ないということもありますよね。
そんなときのアイデアとして、旅行に疲れた体を癒す方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ひたすら寝る

なんだか疲れたなあ、動くのが面倒くさい、というときには思い切って何もしない日を作ってみましょう。とにかくひたすら寝ることが一番の体力回復方法だったりします。
普段ドミトリーに泊まる人も、疲れているときには部屋をとってしっかり眠るだけで、元気になるものです。

美味しいものを食べる

食べ物は旅のクオリティを決める重要な要素です。特にバジェット派の旅行者は普段ストリートフードや簡単な食事ですませることが多いと思います。
でも疲れているときには栄養補給が大切。少し奮発してでも、衛生的に安心できる店で美味しいものを食べましょう。

他の旅行者と交流する

ひとり旅で疲れたときにおすすめの方法です。世界から集まる他のバックパッカーと交流してみましょう。情報交換もできますし、話をすることで元気になるものです。旅行中の国や街でネガティヴな経験をしたりストレスを感じているなら、それもシェアしてみるとよいかも。

パワースポットを訪ねる

私は、ミャンマーで体調を崩したとき、近くの寺院に行ったら気分が爽快になったという経験があります。
寺院や教会、森林、公園など、意外とパワースポットは多いものです。少し動いてみようという気持ちになったら、ぜひ近くにあるこれらのスポットを訪れてみてください。