スポンサーリンク

コンポンチャムで食べるご飯、ディナーとランチにおすすめレストラン

コンポンチャムには、たくさんのゲストハウスがあり、ほとんどのゲストハウスがレストランを兼業しています。
ただし、私たちはローカルのレストランが好きなので、グルグル回って出来るだけローカルに近いレストランを探しました。リーズナブルな価格で食べられる美味しいレストランと料理を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




きずな橋の記念碑近くのレストラン


きずな橋の記念碑があるロータリーを北東に入ってすぐ右手にあります。家族経営の、中華系レストランです。
オーナーは英語が話せます。日本については良い印象を持っているようで、日本人だというとフレンドリーに接してくれました。



カンボジア式豚角煮みたいなの(ご飯付き)と、牛肉と野菜炒めがのった焼き飯を食べました。それぞれUS$2です。
料理のクオリティは、カンボジアでは高い方だと思います。どちらもかなり味が良く、万人ウケする味です。

メニューがないので、指差しオーダーします。
ビールは1缶が3,000リアル。

Pasteurストリート


メコン川沿いのゲストハウスが並ぶ通りからPasteur通りに曲がった次の角にあります。
ここも一見中華系に見えますが、料理は中華とカンボジア料理が混ざった感じ。正直言って、清潔感は上のレストランに劣ります。


一応英語のメニューがあり、なんだかよくわからないものもあります。
注文したのは、焼きそばと鶏肉のチリソース炒め、魚の大豆と生姜炒めの3品です。
スタッフの話によれば、どの料理も一律US$2ということなのですが…。
出て来たのは、インスタントラーメンの焼きそば、骨が多くて身の少ない鶏肉のハーブ炒め(全然スパイシーじゃない)、唐揚げにした魚と納豆っぽいソースで炒めたもの。白ご飯がタップリ入ったおひつ(というか鍋)でした。

揚げ魚の生姜炒めは、納豆好きな人はハマる美味しさかもしれません。他の2品はちょっとイマイチでしたが、ご飯がとても美味しくて、納豆炒めとご飯でいくらでも食べられそうな感じです。
全体的には、イマイチなレストランですが、納豆炒めはおすすめできます。
価格は実際にお会計してもらうと、1品6,000リアル、缶ビールが4,000リアルでした。3品とビール4缶で、34,000リアルでした。
最低消費がひとりUS$2(8,000リアル)ということだったのかなあ…?

lazy Mekong Daze

ローカルのレストラン紹介ということなのですが、あまりに美味しかったので、ここも紹介させてください。

ゲストハウスが並ぶ通りにあるレストランで、特にピザが美味しいと評判の店です。


おすすめは、グリーンペッパーのピザ。新鮮なグリーン胡椒が口の中で弾けます。

胡椒で有名なカンボジアだからこそのピザです。


他ではなかなか味わえないので、ぜひ試してみてください!