スポンサーリンク

バックパッカーとは?バックパック旅行のメリットとデメリット

バックパッカーとは、バックパック(リュックサック)を背負って旅に出る旅行者のことを指しています。厳密に言うと、スーツケースでなくバックパックで旅行する人はみんなバックパッカーのはずですが、実際にバックパッカーのイメージは少し異なるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




バックパッカーのイメージ

バックパッカーのイメージは、「貧乏旅行者」ではないでしょうか。実際には、バックパッカーとして世界を旅している人の中には、お金持ちの人もいます(笑)。

しかし、バックパッカーとして旅行する人は、通常格安のゲストハウスに寝泊まりし、高級レストランやラグジュアリーホテルとは縁のない旅のスタイルをとるようです。

なぜバックパックなのか‐バックパックのメリット

バックパックを持って旅をすることには多くのメリットがあります。

両手が自由に使える

まず、両手が自由に使えること。スーツケースやボストンバックのような荷物では、常に片手がふさがってしまいます。荷物を手から離せば、置き引きなどの危険が高まります。

その点、バックパックなら、荷物を常に背負っていることができるので、荷物の安全を確保しながら両手を自由に使うことができます。

地図を広げる、水を飲む、切符を買うといった、何気ない動作も、荷物の心配をしないで行うことが容易です。

路が悪いところを歩くのが容易

スーツケースは基本的に、道路がスムーズな場所でないと扱うのが困難です。段差が多い道、坂道や山道など、スーツケースでは入っていきにくい場所でもバックパックなら平気です。

外国に行くと、道路がスムーズなのは空港内だけということも少なくありません。その点、バックパックなら、道路状況に左右されません。

フットワークが軽くなる

上の道路状況に左右されにくいという点と関連してきますが、バックパッカーはフットワークが軽いです。

スーツケースをバックパックに持ち変えるだけで、ずんずんと歩いていける場所は圧倒的に広がります。

また、電車やバスに乗り遅れそうになった時にも、ダッシュすることが容易です(笑)。

バックパックのデメリット

反対にバックパックで旅行することのデメリットを考えてみます。

第一に、壊れ物や液体の形態が比較的困難なことでしょう。これは「困難」なだけであって、「不可能」ではありません。

バックパックは布製のものがほとんどですので、スーツケースのように荷物の中身の保護という点では劣ります。

同様に、飛行機で預け荷物としたときにも、破損の可能性が高くなるのはバックパックです。

もうひとつは、自分の荷物は自分で背負う必要があることです。スーツケースは、常に荷物の重さが自分の身体にかかってくるわけではありません。ですから、少々無理をすれば、かなりの重さの荷物を運ぶことが可能です。

その点、バックパックは、自分で負担できる重さの荷物しか、持ち運ぶことは不可能です。無理をすれば、メリットであるフットワークの軽さが損なわれますし、身体への負担も大きいです。

バックパッカーは自由な旅の象徴

多少のデメリットはありますが、バックパックで旅行することで、その自由度ははるかに大きくなります。

バックパッカーは、貧乏旅行というイメージがありますが、それよりも「自由旅行」の象徴だと思います。